坐骨神経痛とは、腰~尻~太もも~膝~すね・ふくらはぎ~足指までの全体または一部に痛みやしびれが出る症状です。
腰痛で整形外科などの治療院にいかれて、「坐骨神経痛だ」と言い渡される方は非常に多いです。

それもそのはず、腰から下に痛みやしびれが出ると、ほとんどが坐骨神経痛と総称されるからです。
坐骨神経痛は症状であり、病名ではありません。
悪化(もしくは慢性化)した腰痛に起こる症状が坐骨神経痛の正体なのです。

また、病院では坐骨神経痛になるとまずは安静とか、痛み止めの薬、ブロック注射と言われますが、これはあくまでも対症療法で、痛みを止めるのが最優先になっており、根治療法にはなりません。
根治治療には、悪化した腰痛を改善するしかないのです。

坐骨神経痛の原因

上記のように、坐骨神経痛は放置され悪化した腰痛なのですが、原因としては二つに分かれます。

ひとつは、坐骨神経の根本に圧迫を受けて痛みやしびれが生まれるものです。
これはほとんどが背骨の障害から来るもので、この背骨の障害を解決しないと症状を改善することができません。

もうひとつは、坐骨神経の通り道にあるお尻の筋肉に圧迫されて、痛みやしびれが生まれるものです。
これは筋肉の緊張や、体のゆがみによる筋肉のねじれが神経を圧迫して起こるもので、この筋肉の状態を改善しないと症状を改善することができません。

てのひら整体院の坐骨神経痛の治療

1.神経の根本が刺激を受けた場合

特定の腰痛に関連する病名(脊柱菅狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア)のついた方はもちろん、特に骨に異常がないと言われた方でもレントゲンに写らないレベルの背骨のゆがみを持った人にも起こるので、神経を圧迫している背骨をてのひら整体独特の骨盤矯正で元の状態に戻します。

101

通常の腰痛治療と同じ方法で施術します。

ただ、通常の腰痛よりも厄介なのは、悪化(慢性化)した背骨の症状の度合いによって改善までの時間やプロセスが変わるという事です。
悪化している分、通常よりも改善に時間はかかりますが、それ以外には特に問題なく改善します。

2.神経が筋肉に圧迫された場合

神経を圧迫する代表的な筋肉は梨状筋という、お尻にある筋肉です。
まれに、他の筋肉の緊張で発症することもあるようです。
あまり知られてはいませんが、筋肉を緩める刺激にしても実は一人ひとりで特性があり刺激を間違えると効果が出にくいので、当院では一人ひとりの筋肉特性を確認した上で施術しています。
このように、神経を圧迫する筋肉を緩めてあげれば改善するのですが、梨状筋その他の筋肉が体自体のゆがみによって緊張を起こしている場合が多いので、背骨と同じようにゆがみを矯正することが早道であると言えます。

てのひら整体院のご案内

院名 てのひら整体院
住所 〒323-0829 小山市東城南2-8-7 コーポミストラルⅢ 110号
電話番号 0285-38-9119
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休(営業カレンダーをご覧ください)
院長 土井俊典
最寄り駅 小山駅
交通情報 小山駅から車で5分。駐車場あります