こんな症状にお悩みではありませんか?

下腹部痛

・月経ではない出血があった
・閉経したのに出血があった
・月経が重すぎる、期間が長い、周期が不規則などの異常がある

 

不正出血とは

ホルモンの分泌異常やなんらかの病気により、月経以外に出血することを不正出血といいます。
また月経でも出血が多すぎる、期間が長い、周期が不規則、などの場合も異常とされます

特に閉経後出血は何らかの病気が原因であると考えられるので、少量であっても速やかに専門医を受診してください。

不正出血の原因

1.炎症によるもの
病原菌の感染、萎縮性腟炎、子宮内膜炎など
2.ホルモン異常によるもの
卵巣機能不全、月経異常など
3.良性の腫瘍
子宮頸部または内膜のポリープ、子宮筋腫など
4.子宮腟部びらん
若い女性では一般的に見られる状態ですので、病気とはいえませんが子宮頸がんの初期のこともありますので注意が必要です。
5.悪性の腫瘍
子宮頸がん、子宮体がん、卵巣腫瘍、子宮肉腫、腟がんなど
6.妊娠に関連するもの
流産、異所性妊娠など
不正出血を起こす病気は数多くあります。自分ではどこからの出血かわからないことが多く、実は尿や肛門からの出血のこともあります。

日本産科婦人科学会HPより引用

Basic RGB

当院ではこのように不正出血の施術を行います

当院では、医師の診断を受けていない不正出血の施術はいたしません。
不正出血が疑われた場合には、速やかに専門医を受診してください。

その上で、原因の① 炎症によるもの、② ホルモン異常によるもの、③ 良性の腫瘍、については施術させていただきます。

1全身の調整

100

体のバランスを調整して骨盤内環境を整え、頭蓋骨を調整して自律神経のバランスを整えて、全身状態が改善しやすくします。

2内蔵調整

102

内臓を調整して働きを活性化させ、婦人科のお悩みに共通した問題である冷えを改善します。

3当院独自の調整

kensyo

婦人科系のお悩みを改善するための当院独自の施術ポイントを、主に下肢の反射区を利用した軽い刺激で調整します。