長い間腰痛でお悩みの場合、2つの考え方ができます。

1つ目は、ラッキーと考える。

十何年の間悩み続けた...という場合、本当に重症の方は何年もかかってその症状が悪化していったらほぼ寝たきりです。
腰や下肢の問題なら重症なら歩行困難です。

頭痛などは、実際に薬漬けで出社困難、登校困難かもしれません。

それなのに、ちょっとつらかったけど歩けないほどではない、会社に行けないほどではないならある意味奇跡的に軽度の慢性疼痛で済んでいるということです。
どこかで施術を受けていた方、ご自分でセルフケアをしていた方は、そのかいがあって最悪の状態を避けていられたのかもしれません。

今まで努力したことは無駄ではなかったということです。
何も行動しなかったけどそれほど悪化しなかった方は本当に奇跡かもしれませんね。

2つ目は、ツイてないと考える。

十年以上苦しみながら施術を続けたり、セルフケアをしたのにもかかわらず良くなっていない。

もしかしたら、病院が施術院がセルフケアの方法が良くなかったかもしれません。
もしいいお医者さんに巡り合っていたら、腕のいい整体師のところに行っていたらとっくに良くなっていたのかも...

2つの考え方は現状肯定か現状否定かの違いで、今の状態は変わりません。

だから明るい未来に向けて行動しましょう。
幸い、病院で異常なしといわれたり、改善しないと言われた症状でも、今の健康業界では良くなった例が山のようにあります。

ご自分が本当に改善したいと思って、真剣に探したら必ず改善してくれる施術家に巡り会えます。

今はコンビニよりも施術院の数が多いご時世なので、何度か空振りするかもしれませんが、めげないで探してみてください。