こんな症状で苦しんでいませんか?

・慢性的な頭痛、片頭痛
・肩こり、首痛からすぐに頭痛を引き起こしてしまう

頭痛には器質的脳疾患(脳血管障害や脳腫瘍などの脳の障害)から引き起こされるものと機能性頭痛といわれる慢性的に症状の出る頭痛があります。
ここでは、慢性的に現れる機能性頭痛についてご説明いたします。

頭痛の種類

機能性頭痛の種類は大きく2つに分類されます。

1.緊張型頭痛
2.片頭痛

緊張型頭痛

特徴としては、頭を締め付けられるような痛みを感じます。
原因は、頭部から肩にかけての筋肉の過度の緊張と考えられています。
デスクワークなどで片寄った姿勢を長時間続けたときの疲労や、ストレートネック(首の骨に本来あるべき湾曲がなくまっすぐになっている)、目の疲れ、ストレス(過度の緊張)など現代社会に生きる私達には、起こりがちな頭痛といえます。

片頭痛

特徴としては、ズキズキと脈打つような痛みを感じます。
原因は諸説ありますが、完全に明らかにはなっていません。
筋肉の緊張やストレスを取り除くことで緩和することもありますが、改善が見られない時には頭痛専門医に診てもらい、投薬による緩和を必要とする場合もあります。

頭痛の解消法

1.筋肉内の血流や体液の循環を促進し、酸素と栄養を供給して緊張を緩和する。
緊張型頭痛は頭部の筋群、首や肩の筋肉をほぐし、体液の循環や血行を良くすることで解消することができます。

2.頭蓋骨の縫合、頚椎関節、胸椎関節に動きをつける。
ストレスを受けた頭蓋骨の縫合を緩めることや、頚椎、胸椎の関節を動かし、頭部周辺の筋肉の緊張を取り除くことで緩和することもあります。

関連情報

緊張型頭痛の原因と治療法

片頭痛の原因と治療法

群発頭痛の原因と治療法