腰痛(腰部疾患)で、一般的にも知られている病気のひとつで、脊柱管(神経の通り道)が狭くなり、神経が圧迫されて症状が現れます。

一番の特徴は間欠性跛行といって、歩いているうちに痛みやしびれが出て歩けなくなり、しばらく休むと回復するということを繰り返します。

腰部脊柱管狭窄症の原因

主な原因は加齢による脊柱管の変化や、すべり症と言われます。

一説には、脊柱管内にカルシウムが付着する事でも狭窄症が起こると言われています。

腰部脊柱管狭窄症の対策

投薬、ブロック注射、最終的には手術になります。
が、これは整形外科での治療で、手技療法では脊柱管を狭める要素となる脊柱の変形を矯正することになります。

ただし、脊柱だけ整えるというよりも、姿勢からくる腰椎の前湾を調整するために体全体のバランスをとることが重要と考えます。

状態により楽になる度合いや期間は違いますが、軽い状態にするには手技療法も有効だと言えます。