脊椎分離症(脊椎の本来一つであるはずの骨が二つに離れてしまう状態)に伴って起こるすべり症と、伴わないすべり症があります。

いづれの場合も背骨がずれてしまうので、背骨の神経を圧迫して痛みやしびれの原因になります。

脊椎すべり症の原因

諸説ありますが、くわしい原因はまだわかっていません。

ただ、重症のすべり症になるのが(経験上)女性に多く、中高年に多いことから、ホルモンバランスの問題、それに伴う骨粗鬆症などの可能性もあげられています。

また、前に向かってすべることが多いので、(経験上)姿勢の影響も考えられます。
特に反り腰の人は、腰痛を抱えるケースが多く、若い時には強い筋力で守られていたものが、筋力の衰えとともにすべりやすくなるということもあるかもしれません。

脊椎すべり症の治療法

整形外科的な治療法としては、コルセット、投薬、手術などがあります。

整体的なアプローチでは、全体の姿勢の改善とともに神経を圧迫する部分の背骨を元の位置(前方すべりの場合は後方に)に戻すための施術(筋肉への操作も含めて)をします。

整体での効果には、症状の重さによって違いが出ますが改善がみられることも多くあります。