腰痛と言えばこの椎間板ヘルニアを思い起こす人が多いのではないでしょうか。
ですが、広く認知されている割には認識の仕方に誤りが多いのもこの症状名です。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰椎(背骨の一部で腰の部分)の椎間板(縦に重なった腰椎ひとつひとつの間にあるクッション)が破れて中身が飛び出した状態のことです。

飛び出した中身が脊髄などの神経を圧迫することで、痛みやしびれを発生させると言われています。

ちなみに、「ぎっくり腰」と混同している方もいらっしゃるようですが、違います。
また、レントゲン撮影で「ヘルニア」と診断されることもあるようですが、正しくはMRI画像でなければわかりません。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

スポーツや仕事でかかる負荷、加齢による椎間板の劣化、姿勢による負担などが原因と言われています。

どれも引き金となる可能性はありますが、(経験上)椎間板がつぶれただけでなく、その後長期にわたり負荷がかかり続けたり、筋力が弱まることでより椎間板に負荷がかかることが痛みやしびれの原因ではないかと思います。

なぜなら、椎間板ヘルニアの状態になっても症状の出ない人もいるからです。
むしろ、痛みやしびれの原因は体が椎間板ヘルニアという組織の異常を保護するために周囲の組織を固めてしまうために起こる二次的な症状かもしれません。

この、痛みやしびれの原因が椎間板ヘルニアそのものであるかないかは、今もあいまいなまま(私見として)と認識しています。

腰椎椎間板ヘルニアの治療法

上の原因での見解から、治療法としては周囲組織に行うことが重要です。

ヘルニアの状態は、手術をするか自然に消えるのを待つかしない限りそのままです。
ですが、周囲の組織を緩めて関節の可動域を上げていくと症状が緩和することが多いです。
もちろん、ヘルニアはそのままなのですが症状は変えることができるのです。

また、患部だけでなく姿勢自体の改善をすることは不可欠なことです。

手術は最後の最後まで考えずにおき、まずはここから始めていきましょう。