女性の理想的な健康とは

m030273
女性の理想的な健康とは、すぐにでも元気な赤ちゃんを産める体です。
ちょっと意外に聞こえるかもしれませんね。

まず、一般的に健康とはどのような状態でしょうか。

世界保健機関の憲章前文 (日本WHO協会仮訳) では

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。 (引用)

具合の悪いところがない」ということではなく、心身ともに元気一杯!ということですね。
プラスマイナスゼロの体調ではなく、プラスでいることが健康ということです。
ただ、女性の健康を表現するには、それだけでは足りません。
なぜなら、女性にだけ子どもを産めるという仕組みが備わっているからです。

53f96ba5b6cfd9e21b8696b24e00fa29_m
だから、女性の理想的な健康をもう少し具体的に表すと。
1.元気で
2.生理中もつらい思いをせず
3.すぐに妊娠することができ
4.妊娠中もつらい思いをせず
5.楽に出産できて
6.元気で丈夫な赤ちゃんを産み
7.子育ても楽しめる

そんな強い心と体で過ごせることだと思っています。

子育てっていつから?

ふつう子育てといえば、出産して赤ちゃんを育てることをいいます。
でも、子育てという言葉をもう少し調べてみると

妊娠中の女性の心身の健康状態が胎児に及ぼす影響が大きいことが知られるようになり、妊娠中に母体の健康を維持することや、健全な精神生活を維持することも育児・子育ての一部だと認識されるようになってきている。(引用ウィキペディア)

という一説もあります。
子育ては出産がスタートではなく、妊娠がスタートという考えですね。
それをもう一歩踏み込んで『細胞レベル』で考えると、子育ての始まりは「健康な体で生活する」と言うところになるのではないかと思います。
それがなぜか?を説明していきましょう。

妊娠の準備

 

年頃になって妊娠が可能な準備が整うと、月経が始まります。
月経とは、妊娠する最終的なスタンバイができていることの証拠です。
この毎月の働きは、妊娠期を除いて閉経するまで続きます。
女性だけが、男性にはない独自の働きを備えているのです。

生理痛、PMSは仕方がないものなのか?

月経のために、ホルモンバランスが大きく変化すると、体にも心にも不調を感じやすくなります。
一部の女性は重い生理痛になり、鎮痛剤を常用したり、中にはピルを服用して月経の働きを弱めたりします。
生理不順やPMSに悩む女性も少なくないようです。

gatag-00005060
では、重い生理痛や生理不順、PMSで悩む女性は副作用と付き合いながら薬を飲み続けるしかないのでしょうか?

生理痛は整体で改善する

生理痛などの月経に関する症状には、冷え、血行不良、体の歪み、ストレスなどが原因となっていることが多いです。
だから、その原因を取り除いて健康になれば、生理痛もPMSも改善していくのです。

てのひら整体院では、痛みのない軽い刺激で内蔵を活性化し、全身のバランスを取り、体液の循環を促進することで、月経にまつわる様々な症状を改善することができます。

102

100
特に生理痛は、どんなに長い間つらい思いをされた方でも比較的短い期間で改善します。

月経は特殊なことでも病気でもありません。
だから、月経でつらい思いをすることこそ異常なことです。
つらい思いをせずに毎月定期的に月経を迎えられることも、女性の健康に必要な条件なのです。
そして、正常に月経を送ることが元気な赤ちゃんを妊娠することにつながるのです。

出産の準備