お客様:30代 会社員 男性

主訴

腰痛と首痛で来店されました。

腰痛は20年前に腰椎捻挫(と診断されたそうです)で何日も動けなくなって以来、ずっと痛み違和感に悩まされ続けていたそうです。

首痛は左側のみ首筋のところが痛くなり、よく頭痛にもなるという事でした。

検査の時に立った姿勢で前屈・後屈をしてもらいましたが、どちらにも腰(腰椎部)を曲げることができませんでした。
左右腸骨(骨盤の両側の骨)が上下にずれており、仙骨・脊柱にもねじれがみられます。

首痛は、肩の位置が左右で大きく上下に差があり、ここに原因がありそうです。

施術

腸骨・仙骨の調整をし、脊柱は動きをつけて腰椎4番5番(下から1つ目と2つ目の骨)のずれを調整するにとどめました。
腰部周辺の筋肉が弱っているのも確認しました。

うつ伏せの状態では、腰の関節はほぼ改善されたと思えるだけの動きがついています。腰の筋肉も弱りが確認できるほど張りが消えました。

首痛は筋肉操作だけでは違和感が消えませんでしたが、肩の高さの左右差が少なくなるように調整するとほぼ改善しました。

術後アドバイス

首痛に関しては、肩の左右差を自分で調整できるようなケアをお伝えしました。
また、腰からの根本改善がベストであることもお伝えしました。

腰痛に関しては、痛みはなくなったものの、前後屈ができません。

これは、長年痛みに苦しんでいた体が防御反応としてロックしてしまっているようです。
ためしに腰椎部分に折ったタオルを入れて仰向けになってもらうと、気持ち良い感覚になるので、関節が可動していないわけではありません。

なので、しばらくはタオルを使って腰椎の柔軟性を高める(というよりロックを外す)ことから始めてもらい、時間をかけて前後屈が無理なくできるようにしていくよう指導しました。