お客様:20代会社員 男性

主訴・来店時の症状

首痛・肩痛でのご来店でしたが、症状として重いのは腰痛でした。

昨年秋に追突事故にあい、その時からひどい腰痛に悩んでいます。
整形外科のレントゲン診断では「異常なし」、その後腰痛治療のために、鍼、灸、整体などさまざまな施術を受けましたが、満足のいく結果が出なかったとのこと。

検査、触察から肩と首の痛みは姿勢の崩れによる筋肉の緊張と思われますが、腰椎と仙骨の接合部分にはズレが見られました。

施術

首・肩は周囲の筋肉と関節を緩めて緩和しましたが、小胸筋(胸の大きな筋肉の奥にある小さな筋肉)の張りが強く痛みが残りました。

腰は腰椎4番5番の調整により、施術前の検査の時にあった前後屈の時の痛みが緩和しました。

術後アドバイス

腰の痛みも首肩の痛みも、姿勢のゆがみが大きくかかわっていることを理解して頂いた上で、正しい姿勢とセルフケアを継続して頂けるようにお伝えしました。