お客様:30代 農業 男性

主訴

右の背中が痛くて来店されました。

「ものすごく悪い状態」だという自覚をお持ちです。

ずっと痛みが続くので、ご本人は

「もしかして内臓から来てるのかな、と思います」

とおっしゃっています。

特に既往症はないのですが、お酒をたくさん召し上がるそうで肝臓に問題があるかもしれない、とのこと。

触察では、右背部の緊張が強く、脊柱起立筋は固くなっており、背骨も右側に引っ張られるようにゆがんだところが何か所かあります。

施術

かなり疲労がたまっているようなので、最初に体液の循環を促進させて全体の筋肉を緩めました。

かなりの緩みを確認できたところで、深層の小さな骨格筋と右起立筋を中心に調整していきました。

最後に背骨の調整をして確認したところ、痛みは消失。

お客様自身きょとんとしてしまうような変化でした。

術後アドバイス

普段の姿勢の悪さから胸郭の可動域がせまく、深呼吸もできないほどでしたので姿勢のアドバイスと胸郭を広げるためのケアをお伝えしました。

また、かなり疲労がたまっているようだったので、疲労回復のケアとメンテナンスサイクルの提案をお伝えしました。