お客様:40代 会社員 男性

主訴

全身の疲労と股関節痛で来院されました。

ほぼ毎日フォークリフトの操作を行っています。
フォークリフトは運転だけではなく、むしろフォークの操作のために頻繁に腕を使います。
フォークリフトの機能上バックで進むことも多々あり、体をねじることも多いです。

全身の筋肉の緊張と、右側の骨盤にゆがみがあり肩甲骨にも影響を及ぼしています。
実は肩痛もあるけれど、全身疲労の方がつらいので気にならないとのこと。

施術

最初に下肢、上肢、背部の順で筋肉を緩め、細かい筋肉バランスと骨格バランスの調整を行いました。

右側腸骨(骨盤の一部)の調整を中心に股関節の動きをつけました。

確認したところ、左腕の挙上に制限があり(腕が上げづらい)、大円筋、小円筋を緩めたところ制限が解除されました。

術後アドバイス

体のゆがみを作り出している原因は、仕事の内容に深くかかわっているとおもわれ、仕事を変えない限りは同じ状態に戻ることが予想されます(仕事を変えることはもっとも現実的ではないので)。
そこで、疲労回復を主たる目的としたセルフケアと、痛みが出た時に緩和させる対処法をお伝えしました。