頭痛肩こりを姿勢から改善するてのひら整体です。

腰痛で長年苦しんでいる患者さんです。
施術前に検査をしました。

私「前屈、後屈をしてどちらが痛いですか?」

患者さん「後ろに全然反れません」

私「後屈をすると痛いんですね?」

患者さん「はい、後屈すると痛くて反ることができません」

施術後、私が「どうですか、痛みは軽くなりましたか?」と尋ねたところ、施術前よりは後屈することができるようになりました。

ところが、そのまま体がプルプルするほど反り返って、「ここまで来ると少し違和感が...」

痛みが出て後ろに反ることができないのは、骨盤や背骨が傷ついているからです。

例える時に積み木の積み方が凸凹した状態だという事があります。
積み木は並べ直せばまっすぐになりますが、人間の体はそれほど単純ではありません。

骨盤や背骨を整えることで痛みが緩和することは、普通にあることですがそれは傷が消えたわけではありません。

ですから、せっかく調整してもより強い負荷をかければ傷は痛みます。
大事なのは、最初にできなかったことができるようになることで、体が改善していることを脳に教え込ませるという作業です。

痛みがあってできなかったことができるようになり、その『正常な状態』を脳に繰り返しインプットしていくことで、痛みが出にくい体にリセットすることができるのです。

それなのに無理やり痛みを探すようなことをすると、脳は『やっぱりまだ痛い』という記憶をインプットし続けて、『曲げると痛い』ということが正常な状態として記憶されてしまいます。

調整したことで、体は正常な状態になろう(傷を治そう)と頑張っています。
それを止めることになってしまうので、痛みを探すのはやめましょう。