腰というよりお尻が激痛で来院されたお客様。
今回が4度目になります。

私「また痛み始めました?」

お客様「はい、前回来てから1週間ぐらいは全然痛くなかったんですけど、正座したままうたたねをしたら...」

私「それがいつですか?」

お客様「月曜日です」

私「(今日は週末だから...)ちょっと時間経っちゃいましたね。痛くなったらできるだけ早く来られた方がいいですね」

お客様「あ、やっぱり早く来たほうがいいんですか?」

これ、ちょっと驚きました。
私の頭には、「痛くなったらできるだけ早く来たほうがいい」ことは当たり前になっているからです。

そこでふと思い出しました。
「業界の常識は世間の非常識」
サラリーマンをしていたころに良く聞いた言葉でした。

その業界にいると、「そんなこと当たり前だよ」ということが、業界の外にいる普通の人には理解できないようなことがあるんです。

私たちの仕事も専門知識を必要とする仕事です。
だから、確かに知らず知らず業界の常識を当たり前に感じてしまいがちになります。

そんな「慣れ」に陥っている時に、いい教訓をいただきました。
お客様にお伝えする情報は、業界の常識を捨てて大事なことをすべてお伝えできるように肝に銘じます。