お客様から時々たずねられるのが、

「整骨院と整体院はどうちがうの?」

ということ。

ここで、まず簡単に説明させて頂きますが、

まず、「整骨院」と「接骨院」は同じです。

いわゆる「ほねつぎ」で、この整骨院(接骨院)を開業するには、『柔道整復師』という国家資格を持っていなければなりません。

治療をされる方の国家資格には、柔道整復師のほかに鍼灸・マッサージ・指圧・あんまなどがありますが、保険適用されるのは(一部の例外を除いて)柔道整復師(整骨院)だけです。

だから、整形外科に次いで一番身近に通われるところだと思います。

ただし、保険は使えますが保険が使える症状には範囲があって、慢性的な肩こりや腰痛では保険は使えません。
骨折、脱臼、ねん挫など急性の症状に保険が使えます。

また、保険内で行える施術にも範囲があって、行き届いた治療は難しいです(整骨院に勤めていた経験上)。

次に整体院ですが、施術方法としては今は色々なやり方があり、一概にこういうものというのは難しくなっています。

また、国家資格が必要ないので、乱暴にいえばだれでも整体院を開業することができます。
それだけに、技術の未熟な整体院が乱立するという弊害も最近は多く聞かれるようになりました。

かつては「整体は、ボキボキするもの、痛いもの」というイメージがありましたが、今は痛くない整体もふえていますから、痛いのは怖いと思う方でもかかれる整体院はたくさんあります。

また、カイロプラクティックやオステオパシーという世界的な手技療法でも「○○整体院」とか「○○施術院」と名乗っている所もありますから、整体療法は多種多様だと言えます。

それだけ「自分に合った整体院」を探そうとすると、数がありすぎて大変になってしまったわけですが、有効な探し方としてはホームページを見るという手があります。

今はホームページを作っている治療院が多く、内外装や雰囲気、治療家の考え方まで公開している所もありますから、ぜひよく読んでいただきたいと思います。

また、その治療院があなたに合う合わないという相性は必ずありますから、評判も大事ですが、その治療家の考え方なども良く読むようにしましょう。

治療院によって色々な違いはありますが、目的は皆同じで、

「あなたの自然治癒力を高めて、自分で治せる体を作る」

ということです。

自分で治るということが前提ですから、完全に人任せのつもりで行くと「話が違う」と感じるかもしれませんね。
でも、自分の体を治せるのは自分しかいませんから。