「ぎっくり腰」というと、いきなりギクッときてそのまま動けないほどの激痛が…と思っている方が多いのではないでしょうか。

でも、あるんです。

ジワジワと痛くなってくるぎっくり腰。

以下は私の体験談です。

まだ若い頃、私は整体とはまったく縁のない仕事をしていました。
同じなのは、体を動かしている事。

そのころの仕事は前かがみになった状態で動き続ける仕事でした。
そこそこ重い物も運んだりします。

で、ある日前かがみになった途端に、腰のあたりが軽く「ピキッ」としました。

あれっと思って腰を動かしてみても、特にひどい痛みはない。
それで、そのまま仕事を続けていました。

ところが、その後腰は徐々に痛みを増していき、その日の仕事を終えるころにはまともに歩けなくなっていました。
腰をのばすことはできるのですが、歩き出そうとすると腰のあたりが「ズキンッ」となってその場にしゃがみ込んでしまいます。

翌日、近所の整骨院に行くと、

「ぎっくり腰だね。2~3日仕事休んで安静にしてて」

と言われました。

そのころは私も、ぎっくり腰はもっと激しいものだと思っていたので、聞いてびっくりです。

その後椅子に座って電気をかけてもらい、帰ってきたものの痛みは変わらない。

休めと言われても休むわけにいかない。

結局2週間ぐらい痛い体を引きずるようにして仕事を続けているうちに痛みが治まってきました。

今考えると、早いうちにぎっくり腰治療のできる治療院に頼っていればあんな苦労はしなかったなあ、と思います。