頭痛肩こりを姿勢から改善するてのひら整体です。
大腸検査の続きです。

検査前日に下剤を飲んで寝ました。
と言いたいところですが、なかなか眠れませんでした。

下剤はすごく緩やかに効くようで、すぐに便意を催したりしません。
そのかわり、なんとなくお腹がシクシクしたままを維持した状態が続きました。

この中途半端な状態が続くので、なかなか眠りにつけないのです。
結局翌日6時起きなのに、3時ごろまで起きていました。

翌朝の6時少し前に起きました。
最初にしたのが、溶剤作りです。

大腸内を洗浄するための溶剤で、これを飲んでは排泄することで腸内をきれいにします。
6時から2時間かけて2リットルの溶剤を飲まなければなりません。

実は、昨晩飲んだ下剤はまだ効果を発揮しておらずあれから一度も排泄はありません。
どうなるかと思いましたが、溶剤を作っている最中に急に催してきてトイレに飛び込みました。

時間をかけて効いてくるだけに、すでに固形ではありませんでした。
おなかに空きができたので早速溶剤を飲むことにしました。

溶剤の味は...よく言えばスポーツ飲料系。ちょっと濃度が濃いめ。
スポーツ飲料が好きな人はいいかもしれませんが、私は苦手なので...

2時間で2リットル、30分ごとに500CCずつのノルマが課されています。
好きでもない液体を30分で500CCも飲むのはかなり大変なことだと知りました。

多分ビールなら苦にもならなかったかもしれませんが、飲めども飲めども一向に減った気がしません。
飲んでいるそばから便意が襲ってきて、トイレに閉じこもるロスタイムもあるため時間はあっという間に過ぎます。

こんなに30分が短いものとは今まで考えたこともありません。

なんとか飲み終えた時には、2時間を30分オーバーしていました。
今までは、胃のレントゲンの時に飲むバリウムが一番嫌いでしたが、今回のこの溶剤はそれを超えました。

さすがに2リットルも飲んでは出していると、もう固形物はありません。
お尻がシャワーになった気分です。
体も何か冷え切ったような感じになっていました。

これが今回の大腸検査の一番つらかった時間です。
実際の大腸検査は...

次回お伝えします。